WAKEBOARD SCHOOL

HOME | wakeboard school

最初に置かれた環境の重要性

ウエイクボードのイメージ写真

 
ウエイクボードはボートから出る曳き波を利用し、飛んだり回ったりして楽しむものでが、引っ張ってもらわないと出来ないということもあり、ドライバーの役割がかなり大きいいと考えられまています。 何にでも言えることですが、闇雲にただ頑張っているだけでは中々上達するのは難しいです。 ただひたすら頑張っていれば確かに慣れますが、慣れることと上達することは全く違う事だとは思いませんか?間違って覚えたことを繰り返しているうちにそれが癖となり今後の上達の妨げとなると言うこともあるのではないでしょうか???特に初心者の場合、指導を受けることにより上達するスピードや考え方にかなり差が出てしまいます。
私どもは最初に置かれた環境が、間違いなく今後のあなたに大きな影響を与えると考えています。
習わないで出来れば一番ですが、それってかなり厳しくないですか? 今まで私達は何をするにも全て習ってきたんじゃないでしょうか?
習う事によって「なぜ?」が解消され、それにより「上達」が早まり楽しさが倍増することと思います。トータルに考えた場合、しっかりとした経験をつんだインストラクターのいるショップを一つの選択に入れてみてはいかがでしょうか?

 

 
私どもの考えるウエイクボード理論に従い練習と経験を積むことにより確実に身に付けたことを指導しています。  
また、当店で2015年度よりインカムを導入し、希望者には追加料金なしでインカムでのスクールを開始しました。それによりスクールに幅が広がりよりリアルタイムに指導することが出来るようになりましたので驚くほど早い上達が可能となっています。

 

トーイング時間は様々ですが、全国的に一人一回15分が一般的です。 しかしその15分って実際の所どうなんでしょうか? ウエイクボードは教えると言ってもそれはあくまでもボートの上や陸上に一緒にいる時だけで一旦滑り始めると何も出来ず、フォール(コケた)した場合のみ言葉だけの指導となります。
 しかし、その言葉だけでは中々理解が難しいのが現実です。良く理解できないまま15分滑り続け終わってしまう方も多いのではないでしょうか? 理解出来ていないのに、ただひた滑り続けても体力が奪われるだけで簡単には上達は出来ません。 同じ時間滑るなら理解できないままダラダラ滑って体力を失い終わってしまうよりも、その都度キッチリとした指導受けて滑った方が間違いなく上達出来るというのが私どもの考え方です。
 その事から私どもは新しく一本10分の3本セットのコースを設定しました。
  それにより体力の消耗が抑えられると同時に細かい指導が可能と考えます。
これからも皆様のより素早いレベルアップをサポートさせていただけるよう心がけていきたいと思っております。


*** 当店の使用する使用ボート ***
ヤマハ FR21/エンジン 200馬(4ストローク)/定員 7名
*** トーイング予約 *** 
基本は二名様よりの出航となりますが、お一人様からでも出航する場合がありますので、お問い合わせ下さい。(ただし、最低2本からとなります)
*** トーイングの時間帯 ***
日の出から日没まで(夏場で早朝5時30分~19時30分ぐらいまで)
*** 料金改定について ***
 今まで値上げをしないでやって来ましたが、度重なるガソリン価格の高騰及び今回行う新型エンジンへの積み替えによる大幅な経費アップによりトーイング料金の改定を2013年8月8日より行いました。また、皆様の更なる上達のきっかけとなればと2014年4月1日より新たなプランを追加しました。
道具の手入れや滑走レベルの上達のためには施設の充実が不可欠です。そのため陸上でトレーニングする為の「バランスボード・スラックライン・トランポリン」など数多くの道具を準備して皆様の来店をお待ちしています。また当店での施設の使用は全て無料となっていますので思う存分ご利用下さい。
 一般ユーザー様のレンタルに関しまして道具のレンタル(ボード・ウエットスーツ・ライフジャケット・ハンドル&ライン)は全てトーイング料金の中に含まれますので道具は有る無いに関わらず金額は変わりません。なお、ドライスーツのレンタルのみ別途¥2,000円徴収いたします。

***料金改正は予期せず行う場合があります***

 

 まれに、短期間でありながら信じられない程の上達をする(運動神経が非常によく、器用で感が鋭い)人もいますが、それは限られた特別な人ではないでしょうか? 現在頑張られている多くの人は私どもと同じ一般のウエイクボーダーだと思われますので、やはり上達するためにはそれだけの練習と努力が必要です。

 確かに滑る事は重要ですが、それだけでは中々上達できずに苦しんでいる方も多いのではないでしょうか?  上手い方がやっているのを見ると、飛んだり回ったりと派手で爽快に見えますが「同じボートスピードで滑り、、同じアプローチを取って、同じエッジ・同じテンション・同じ角度で切り込み・同じふうにウエイキで合わせ飛ぶ」と言う地味で繊細な作業の積み重ねが出来てこそなんです。 ウエイクボードのトリックは数多くあり、技によりその方法は異なります。その異なる細かい作業を緻密且つ正確に出来るようになるためには、まずその方法を理解する必要があり、その上で練習をおこなう事が上達の早道だと考えています。
 全く習わなくても色々と出来るようになる方(まれにホントにすごい人)もいますが、それ以外の多くは「本当に毎回出来ているのでしょうか?」「出来るというよりは、出来たことがある」ではありませんか? それはなぜでしょう?? ボートの運転が悪い場合は仕方ありませんが、出来ない理由を色々見つけていませんか??「今日は調子が悪い」とか「波が小さい」とか。。。 ひたすら撃ち続ければ確かに決まることだってあると思いますが(1回だけとか、10回に1回だとか。。。)、メイク率が低ければ「出来る」ではなく「出来たことがある」止まりになるのでは無いでしょか? 多分これは完全に理解していないからでしょう。しかしながら、たまたまでも出来たことには変わりないのでそのままにしていては勿体無いとは思いませんか? 完全にものにする為には技によって異なる練習法の指導を受け理解しながら同時並行で実際に滑って身に付けることだと思います。
 その理解しながら覚えていく積み重ねにより理解力が上がり高くて質の良い精神力が身につきます。これこそが強いメンタルです。 ひたすら滑るだけならば「気合や根性」で、撃つだけならば「勢い」で出来るかもしれませんが理解していないままやっていると怪我をする確率も非常に高いです。怪我をすると恐怖心からどうしてもメンタルが下がります。メンタルは「気合・根性・勢い」などで身につくものではありません。
 しっかり習って正しく覚え、間違いを理解し楽しく安全に滑りましょう。

 

 現在では周りでの環境も整い手軽に出来るようになりましたので「とりあえずやってみる」というのもいいかと思いますが、わからずにトライするのとわかってトライするのでは全く違うと思いませんか? ハンドルの持ち方一つをとっても理由があって、持ち方を変えるだけで滑る体勢や疲労度が全く変わる事を知っていますか。。。? オーリーとバニーホップの違いが説明できますか。。。? このような初歩的な事から、専用のトランポリンによるトリック練習などの細かい指導を受けたほうが上達が断然早くなるでしょう。
 あなたは出来ない事をいまだに「気合・根性・勢い」などで乗り越えようとしようとしていませんか?  そんなの「キツくて怖くて痛いだけ」じゃないでしょうか? 

 

 
ウエイクボードの滑走理論を元したハンドルの持ち方・正しい体勢の作り方・前後左右の体重バランスのコントロール方法・ハンドルの使い方・ロープテンションコントロール方法・平面でのボードの使い方・ウエイキの使い方・エッジの使い方・トリックの際のエッジングの種類(プログレッシブエッジ・オーリーエッジ・トリップフリップエッジ)の使い方やその違いなど書きだしたらきりがないのでこのあたりで。。。現在悩んでいる方々にはその闇の部分をわかりやすく噛み砕いて理論的に説明した上で指導いたします。   またウエイクボードは滑走中は一切話すことが出来ずコケないと何も教えることが出来ないのですが、2015年にインカムの導入により、滑りながら常に教える事が出来るようになりましたので、特に初心者の上達が恐ろしいほど早いくなっています。

まずは形から

まずは正しい態勢を体に覚えこませるために陸上でハンドルを持って繰り返し練習します。
*正しいハンドルの持ち方・滑り方を指導
*スラロームの方法
*バニーホップとオーリーの違いとそのやり方
*ウエイキの出入り
*バックサイドへの出方
など。。。
 

山Pの陸トレ写真

空中の感覚を

一通り滑れるようになったら飛びたくなるのは当然のことですよね。
ココではトランポリンを利用して飛び方について指導してます。
トランポリンって飛ぶと言うよりはスプリングに飛ばされるって感じですよね!!
ウエイクボードは平面以外に波を使って遊ぶのですが、その波を使う時の感覚がトランポリンに非常に似ているとして練習用に使われているんです。なので波で飛ぶと言うよりも波に飛ばされると言う方が正しいかと思います。
相手が水は踏めば踏むだけ沈みますので水の推進力を最大限に利用する滑りが出来れば自ずと色々な事が出来るようになるスポーツです。
何より理論に基づいた練習が最も有効なのでポイントを抑えて素早い上達を目指しましょう!!
 

トランポリンでトーバックの練習中

初心者向けプラン

 
体験プラン ¥6,000円(要予約)最小人数 2名様より
 内容 
 このプランはその名の通り体験プランです。
 陸上レクチャー後、実際に体験してもらいます。陸上レクチャーなどを含めて終了まで2時間程度で実際の滑走時間は15分ほどとなります。(体験プランの場合、全国どこのショップでも滑走時間は15分前後となっておりまして出来ても出来なくても時間内で終了するプランとなっております)

*****上記のコースには必要な道具のレンタル料金も含まれていますので海水浴に行く準備で大丈夫です。*****
シーズン最初から最後まで滑りたい方に朗報です。
2015年度よりウエットドライスーツを揃えましたので時期を考えず楽しんでいただけるようになりました。レンタル料金¥1,500円で提供いたしますので希望の方は気軽にお申し付け下さい。
(消費税につきまして。。。別途消費税を加算して支払いをお願い致します。)

 
満足プラン ¥9,000円(要予約)最少人数 2名様より
 内容 
 お客様の希望により10分3本もしくは15分2本を選んでいただく事が出来るプランです。こちらは過去経験があり一応滑る事の出来る方限定のプランとなっております。

*****上記のコースには必要な道具のレンタル料金も含まれていますので海水浴に行く準備で大丈夫です。*****
シーズン最初から最後まで滑りたい方に朗報です。
2015年度よりウエットドライスーツを揃えましたので時期を考えず楽しんでいただけるようになりました。レンタル料金¥1,500円で提供いたしますので希望の方は気軽にお申し付け下さい。
(消費税につきまして。。。別途消費税を加算して支払いをお願い致します。)

 
¥12,000円(要予約)最少人数 2名様より
 内容 
 安心の出来るまで保証するコースとなりますので制限時間はありませんのでこのプランをご希望の場合時間に余裕をとってお越しください。

 このプランに関しましては、色々な理由(滑れるようになる前に、筋を痛めたとか、体力の限界)などよって当日滑れなくなった場合でも滑れるまで保証致しますので、追加料金無しで翌日以降滑れるようになるまで対応致します。(ただしこの対応はシーズン中に限ります)

*****
上記のコースには必要な道具のレンタル料金も含まれていますので海水浴に行く準備で大丈夫です。*****
シーズン最初から最後まで滑りたい方に朗報です。
2015年度よりウエットドライスーツを揃えましたので時期を考えず楽しんでいただけるようになりました。レンタル料金¥1,500円で提供いたしますので希望の方は気軽にお申し付け下さい。
(消費税につきまして。。。別途消費税を加算して支払いをお願い致します。)

経験者向けプラン

  ビジター
道具をお持ちでない方
ビジター
他店で道具を購入の方
メンバー
当店で道具購入の方
施設使用料
15分×1本
¥5,000- ¥4,500- ¥4,000- 料金に含む
15分×2本セット ¥9,000- ¥8,500- ¥7,000- 料金に含む
10分×3本セット  ¥9,500- ¥9,000- ¥7,500- 料金に含む
3本目以降1本に付き ¥4,000- ¥3,500- ¥3,000- 料金に含む
施設使用料とは?
シャワー・トランポリン・水道 などの施設全ての事を指します。
 *ウエットドライスーツのレンタルは一人(メンバー¥1,000円・ビジター¥1,500円)となります*
*道具を持たれていない方(ボード・ライフジャケット・ハンドル・ライン・ウエットスーツ)などのレンタルはトーイング料金に含まれていますが、ウエットドライスーツのみ¥1,500円のレンタル料金が発生します*