パドルボードについて

道具について
 ボードの長さはメーカーにより異なりますが、だいたい9フィート~11フィートくらいで。ロングボード(9ft)と同じくらいの長さから、もう少し長い(11ftを超える)ものまであります。その上ロングボードよりも幅や厚みがありますので圧倒的な浮力と安定感で初めての方でも取り組みやすくすぐに出来るようになります。
 また、専用リュックなどに入れて保管や持ち運びに非常に便利なエアー注入タイプもあります。
ボード以外に必要な物
 パドル(オール)、リーシュコード 、初心者や泳げない方はライフジャケットの着用、時期によりウエットスーツ、エアー注入タイプを使用の場合は専用の注入ポンプが必要。

楽しみ方

 ボードの上に立ったまま(座ったまま)乗り、オールを使って進みます。
  サーフボード(ショートやロング)に比べると圧倒的な浮力があるため、ロングボードで乗れないような波にも乗る事が可能ですが、当店が行なっているものは波乗り用ではなく水上散歩系です。
   海・湖・川など波が無い所でもパドルで進むのでカヌー感覚で楽しむことができます。

    サーフィンなどに比べると水中に入らないので水温が低いときでも、あまり寒さを感じません。
     エアー注入タイプは保管場所を取らずに持ち運び便利です。
      水上散歩系のSUPの場合初心者は風・波・水の流れなどがあると非常に苦労しますのでその日の状況に合わせて最も最適な場所でおこないますので、どうぞ安心下さい。
       二人乗りが可能ですので小さなお子様の参加も大歓迎です。二人乗りの場合でのお子様の参加料は無料ですから親子でお楽しみいただけますので是非お子様もお連れいただき一緒にどうぞ。


早速体験してみませんか?

***パドルボードスクール***
当店では初めての皆様に向け体験スクールを用意しています。 
***サーフィンスクール***
 初心者スクールのみ行っています。
***
興味のある方はパドルスクール・サーフィンスクールについて詳しく書いている右側下のリンクを御覧ください。***


サーフィンについて

当店ではサーフボード(ショート及びロング)に関しましては全て注文販売としています。
 サーフボードは基本的に体に合わせることをオススメします。確かに範囲内のボードを使えば乗れると思いますが、少しでも体に合わせたほうが乗りやすいのは間違いありません。例えばいくら店舗で在庫板としてもメーカー在庫には叶いません。
 と、言うことは注文販売のほうが選ぶ幅が断然広がると言うことになります。
 私は、サーフィンはスポーツのカテゴリーの中で言うと難易度は最高レベルだと感じていますので特にボードのチョイスがその後に大きく影響すると考えるからです。
 「昔はやってた」と過去形をよく聞きますが、正確には「出来ないからやめた」のではないでしょうか? サーフィンはその見た目やイメージのカッコよさから手を付ける方が多いのですがそのほとんどがやめてしまうと言うのも事実です。
 特に難しいカテゴリーですので、少しでも使いやすい道具で是非続けていただきたいと思います。


やってみませんか?

やってはみたいけどサッパリわからないのにいきなりボードを買うのはどうかな。。。悩んでいる方はまずは体験してみませんか? 初心者の立ち上げのみのとなりますが当店ではスクールを行っています。
 水着さえあれば全てレンタルしますので何も持ってなくても大丈夫です。
ただし、サーフィンは自然相手のスポーツとなりますので、波が無いことには出来ませんのでスクール開催日は一緒に波が出ることを祈りましょう。